大人のお小遣い稼ぎのコツ

大人が真面目に副業をするコツを学ぶためのブログ

大人だからこそ【マインドセットを行う】その② 本能の逆を行け

さて、前回のブログで
マインドセットを行う その①
集中する環境を整える

で環境は整いましたでしょうか?

 

「そうは言ってもなかなか進まなくて…」

「時間がなかなかなくて…」

 

という人も多いでしょう。

 

そこで今回は


大人だからこそ
マインドセットを行う】その②本能の逆を行け

について話します。

 

■【マインドセットを行う】その②本能の逆を行け

なぜ本能の逆をいく必要があるのか?

なぜ本能の逆を行く必要があるのかというと
僕の先生から聞いた
先生の先生 村上宗嗣さんのこんな話があります。

 

村上宗嗣さんは会社を20社ほど経営されており
150億円ほど稼いでおれらます。

 

その村上さんがある時、
日本円の価値が下がるみたいだから
米ドルに変えたほうがいいのかどうか
世界的な有名な投資家に相談されたそうです。

 

するとその投資家さんは村上さんに尋ねたそうです。
「村上さんは円の価値が下がると思いますか?」

 

村上さんは答えます。
「下がると思います。」

 

投資家さんはこう言いました。
「じゃあ、日本円は変えずに持っておいたほうがいいよ。」

 

しばらくすると日本円の価値は上がり
損をすることはなかったそうです。

 

人間脳と動物脳と爬虫類脳

f:id:afuro33onrainbow:20200929141025j:plain

過去ポールマクリーンという神経学者が
脳を大きく三層に分けることができるという
脳の三層構造説を唱えました。

 

爬虫類脳…生と死が判断基準
旧哺乳類脳(動物脳)…快か不快が判断基準
大脳新皮質(人間脳)…正解か不正解が判断基準

 

と分けられています。

 

今から100年以上前に唱えられた説なので
完璧な説ではないのですが、
大まかに言って間違いはないです。

 

話を戻しますね。
見ていただけたらだいたい想像がつくように
爬虫類脳から順番に
動物脳
人間脳
と発達してきたので
理性的な人間脳より
動物脳や爬虫類脳の影響の方が大きいですし

また
脳を占める割合も
理性的な人間脳よりも
本能的な動物脳+爬虫類脳
の方が大きいです。

 

ですから
僕らは、

本能に支配されている

と言っても
過言ではないのです。

2:8の法則

しかし現実として
その本能を利用してる人たちがいます。

大企業のTOPの方々とか
成功者たちです。

パレートの法則つまり
2:8の法則ですが

この脳の本能の関係を
知っている人は20%おり
知らない人は80%いると思われます。

更にこの知っている人
20%の中で

この本能の関係を
知ってて使える人20%
知ってて使えない人80%
に別れます。

ということは

本能の逆を行くことができる人

20%×20%=4%

本能の逆を行くことができない人

残り
96%

となります。

つまりこの世の中は
本能の逆を行くことができない人で
溢れているということになります。

 

本能の逆を行くことができる=成功する

ビジネスだけに限らず
本能の逆を行くことができれば
その分野では
96%の人が逆を行くことができないので

あなたが成功する確率が
めちゃくちゃ上がります。

 

大人だからこそ【マインドセットを行う】① 集中する環境を整える

f:id:afuro33onrainbow:20200927230232j:plainどの成功者に

『どうしたら稼ぐことができるのですか?』

と尋ねても

帰ってくる答えは

 

マインドセット】を変えたら稼げる

とか

マインドセット】がすべて

 

です。

僕も今まで教わったすべての先生が

同じことをおっしゃってました。

 

 

そこで今回は

■【マインドセットを行う】その① 集中する環境を整える

についてお話します。

 

 

「集中する環境」っていうと

作業を集中して行うための環境

のことをだいたい皆さんはイメージされます。

 

 

それももちろん大切です。

コロナ禍で在宅ワークが増えた現在

子どもや家族がいる中で仕事をするというのは

なかなか難しい状況のようです。

 

 

しかし、

この仕事(副業)をすると決めたら

まず1番はじめに行う 集中する環境づくりは

 

情報の断捨離

を行うことが大切です。

 


■情報の断捨離

いまいろんなところで出回ってる情報は

コピーライティングがうまい人も多いので

とても魅力的です。

 

「もしかしたら、あっちのほうがいいのかも」

 

なんて感情が揺さぶられるなんて

ありがちです。

 

しかも人間は基本的に欲張りで

自分を過大評価しがちな生き物です。

 

「これぐらい両立できるだろ」

 

って思ってたら結局稼げなかった。

そんな事実多いです。

 

僕も若い頃、情報商材にハマり

散財した挙げ句、全然稼げなかったこと

多々あります。

 

だからまず集中するためには

情報の断捨離が必要です。

 

 

 

■メルマガ・LINEの解除と削除

では具体的にどうするか?

まずはじめにするのが

メルマガの解除を行います。

 

やると決めた仕事のメルマガと

どうしても残して置きたい(読み続けたい)メルマガ2つ程度

 

以外は解除のURLをクリックします。

それでも送られてくる場合は

迷惑メールフォルダ送りに設定します。

 

これで余計な情報はぐっと減ります。

 

解除をためらう方もおられると思いますが

心配はないです。

 

稼げるようになると

あなた自身のステージが上がりますので

あなたのステージにあった情報が入ってきます。

 

LINEの場合も同じです。

必要のないビジネス用のLINEグループ
及び
LINEの友達は

ブロック&削除しましょう。

 

僕は連絡先も断捨離します。

人間関係を変えるのが

自分を変える一番簡単で

確実なやり方ですから。

 

 

■宇宙はスキマを嫌う

どんどん情報の断捨離をしていくと

少なくてちょっと寂しい気もしますが

それはあなただけじゃなくて

自然界や宇宙も嫌うようです。

自然界の方は学校の理科でも触れますよね。

 

自然界や宇宙はスキマを嫌うので

新しい情報や縁をもたらしてくれます。

 

集中して仕事(副業)に取り組むと

スキマを埋めようと自然や宇宙は動くそうです。

 

 

■まとめ

マインドセットを行う】①

集中する環境を整えるために

情報の断捨離を行いましょう。

 

大人がだからこそ【副業は仕事】

仕事が終わって11時ごろに家に帰ってきたのですが

食後、妻に連れ出され、
深夜2時まで、Pokemon GOをやらされました。

 

 

こんにちは。大城です。( ー`дー´)キリッ

 

 f:id:afuro33onrainbow:20200915184300p:plain

 

 

■大人だからこそ片手間でなく【副業は仕事】として捉えてる 

  

コロナ禍の影響で副業や小遣い稼ぎを始める人が増えていますね。

特に在宅で稼げる副業を始める人がとても多いです。

 

 

僕はうちの社員にも言ってましたが

『副業をしたかったらしてもいいよ』と言ってます。

 

 

しかし実際、副業を行ってもうまく行ってる人って

あまり多くありません。

 

それは副業を『仕事』として捉えていない人が多いからです。

 

 

副業やって成功する人は

当たり前ですが

 

副業も自分の『仕事』として捉えている人なのです。

 

 

 

■副業始めたらあなたも社長 

 

副業を始めるってことは

たとえ規模は小さくても

 

社長

 

になるんですよ(≧▽≦)

 

 

大半の人の本業は雇われている人が多いので

 

本業→社員

 

なんです。

これが大きな差なんですね。

 

社員は仕事サボったら怒られますが

社長は仕事サボっても怒られません(笑)

 

 

人はそんなに強くない動物なんで

強制力がないとついついサボってしまいます。

 

 

そして気がついたらフェードアウトしてる…

って言うのがパターンですよね。

 

 

だから

副業をはじめようと思ったら

 

 

副業は仕事

 

 

として取り組みましょう。

これが成功への大きくて最重要な一歩です。

 

 

どんだけ才能を持ってても

続かなかったらそれで終わりです。

 

 

ちょびっとやって

ガバって稼げるのはそれはほぼギャンブルです。

 

 

一部の投資や仮想通貨をそんな感じでやってる人

多いですよね。

 

 

副業は仕事

 

 

そうすると、稼げるようになって

そのうち「副」は取れちゃいますから。

 

大人だからこそできるネットでの小遣い稼ぎってあるんですよ。

こんにちは。大城って言います。

 

 

今僕は法人の会社1つと

 

個人事業の会社1つをやってます。

 

 

 

そんなんですが

 

今回ちょっと新しいことにチャレンジするので

 

自分自身の棚卸しも含め

 

50代のおぢさんでも

 

ネットで稼げることの証明とそのノウハウを

 

ここに記していこうと思いました。

 

さてどうなることか

 

楽しみにしてくださいな。